多重債務の現状

消費者金融は借りやすいこともあり、複数の会社を利用することにもなります。
返済方式で多く採用されているリボルビング方式は最小返済額を返せば、何度も融資可能額から借り入れることもでき、そのことも返済が長期に及ぶことになります。
例え初めは少額の借り入れでも、長期の返済の中で借金は膨らむことになります。
借金の返済のために、新たな借り入れが必要になった時、すでの多重債務に陥っていると言って良いでしょう。
債務が多くなると新規で借り入れることもできなくなります。
現在は総量規制が敷かれていることもあり、年収の3分の1以上は借り入れができなくなっています。
これは消費者金融などの貸金業法にかかるものであり、その他のローンの支払いを含めると大きな負債です。
現状としては長引く不況の中で生活費の補填で借り入れるケースが多くなっています。
そうした理由では収入が好転しない限り、借金の完済はできません。
債務が膨らむきっかけは、ほんの小額からです。
そして、いつか返せるだろうと心の隙間に借金問題が根源があります。
解決法としては先ず計画的な利用ですが、収支のバランスから捉えることが大切です。
ムリは長くは続きませんし、いつか破綻をきたすものです。
借りやすいことは、つい心が緩むものです。
その点を利用する前に念頭に置き、完済のイメージを持つことが大事です。